« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

2008年5月29日 (木)

ガンナー用装備とか

ガンナー用装備もぼちぼち作り始めました。キリンXとか三眼の首飾りとかつかってスキルは集中とランナー。ええ、おもいっきり弓用です。

で、ブラックボウGを作成してG級ラオに挑戦。

まあ適当に弱点狙って撃つだけなんですけど。弓の方がガンより操作感がドスに近いような気がします。ガンはスコープじゃない方の照準がうまく使えなくて。やっててよく左手の人差し指がうずきますわ。^^;

で、ラオ戦。ヘビーの時よりよく怯んでる気がします。ちゃんと当たってるかどうかはよくわかりませんが。エリア2で大ダウンしたのでいい感じなんじゃないでしょうか。

結果、撃退でした。orz

が、報酬でひょっこり天鱗出ました。一番上の列に並んでたので基本報酬ではないかと思われます。

ティガやナルクルの天鱗には相当苦労しましたけどね。ラッキーでした。^^

この天鱗でラオ砲もいいかと思いましたが、対古龍を考えて龍刀劫火を作成。

ガンナー用に自動装填装備も作ってみました。デスギアSで適当に珠を入れて。

どんなものかと思い、ヴァイオレーター担いでガノにいってみました。

そしたら貫通弾に反動がついてました。(´・ω・`)

普通に撃てるのは通常弾だけだったのね。Gの時の連射は通常2から反動がつきましたが、それに比べればだいぶマシでしょうか。通常メインで戦うラオ砲なんかにはいいかも。Gの時の連射麻痺ガンはかなり強力でしたが、PT戦でないと意味ないしな。

貫通メインのヴァイオレーターには不向きであります。うちで他にあるG級ガンは龍木ノ古砲荒神だけだし、こっちは散弾メインの対キリン用のガンだし。

反動軽減のスキルとあわせてみたりもしましたが、自動装填があると反動軽減は発動しないご様子。ラオ砲やダオラガンみたいにもともと反動の小さいガンもすべて反動大で固定されてしまうようです。

なかなか場所を選ぶスキルですな。

後作ってみたのはティガガンナー。足だけでよかったのですが、作ってみるとまずまずかっこいい気がしたので勢いで。頭は天鱗が足りないので胴から下だけ。なんかびっくりマンにでてきそうなデザインです。

たくさんある空きスロットをどうしようか悩み中。ガンナーのスキルで便利なのは反動装填数とか、装填速度とか。

今はクエストいってるより武器屋を覗いてあれこれ考えるのが楽しいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

ラージャン連戦

アイルーの台詞が全部ニャースの声に聞こえます。すぴです。

ボスを倒したあとはぼちぼちと趣味装備の充実に努めております。

とりあえずできたのは心眼見切り+2装備。頭がシルソルZ、胴腕がコンガZ、腰がナルクルX、足がデスギアSの半ケツヘソだし。G級になると硬い敵も増えるので、心眼はぜひとも欲しいです。見切りはまあおまけみたいなものですが。ガンスメインでやってますが、むしろ太刀に似合う装備な気がします。

ナルクル武器は素で会心率が50%なので、見切り+2で70%まで上がりますよ。ナルクルのガンスは作りましたが、そのうち太刀の方も作りたいな。

あとは頭胴腕腰がナルクルXで足がキリンXの回避性能+2回避距離UP装備。各種珠も使っておりますが、まだスロットが5個空いているのでとりあえず砥石高速の珠をつけて発動させてます。笛でいくなら笛吹き名人に代えてもいいです。というかこれもむしろ太刀装備。^^;

もっとも笛吹き名人装備は別に作りたいのですが、まだいい組み合わせが思いつきません。

おもむろに雪山ティガにいってみたら天鱗がぽろり。ユスコさんの言う通り。

さっそくふんどし足装備を作ってみました。色が変えられるふんどし部分を肌色にしようと試みますが、どうやらうまくいかない様子。orz

そろそろ匠装備も欲しいということで、なにかいいものはないかと物色してみました。するとラージャンの金色装備で匠がつく模様。金色の添髪はドスの頃も気に入ってたし。ということで放置していたラージャンにいくことに。

とはいえラージャン用の武器がない。倒すだけならガンスでもいいでしょうが、角を折るとなるととても難しい。ドスの頃ならダオラデグニダルで安定でしたが、今から作るとなるととてもしんどいことに。

他にいい大剣はないかと探してみると、ウカムーの大剣がいい感じ。ゲージが貧弱で会心マイナス30%ですが、とんでもない攻撃力が素敵です。

腹鱗が足りないので早速装備を整えてウカムーにいきましたが、ぼこぼこにされて返り討ち。思ったよりしんどいです。

で、武器屋で他の武器を探していると、ウカムーハンマーがすでに素材がそろってます。ということでハンマー作成。攻撃力1820はすごいね。アオゲージがちょびっとしかなくて会心もマイナス30だけど。削岩機ドリルがくるくる回ってなかなかいかしてますよ。

これで前述の回避性能回避距離装備でG級最後の招待状へ。

10分以内に一匹目を倒さねばならないのですが、わしの腕ではそううまくはいかず。でも10分も戦ってればあと少しのはずなので、二匹目に閃光あてるなどして足止めすればほどなく一匹目は討伐できました。

二匹目のでかい方は角が折れるまでは頭のみ狙い。そんなこんなで30分ぐらいかかって討伐成功でした。

でも角は2本いるし、剛角じゃなくて尖角が出ることもあるので、結局三回やってようやく素材がそろいました。ちなみに3回やって10分以内に一匹目を倒せたのは一回だけでした。

これでめでたく金色の添髪真を作成。匠珠や名匠珠を使って斬れ味+1装備完成。ちなみにティガふんどし使ってます。スロット三つあるし。

どうせなら金色の腕装備も作りたいとか、黒子の面隠真のデザインが素敵とか、作りたいものが増えてしまい、その後もラージャン乱獲。

匠でウカムーハンマーにも白ゲージがつき、10分以内に一匹目討伐は安定するようになりました。怒ったら閃光当てて落とし穴設置、トラップツール持ち込みで落とし穴三回と、一匹目は部位破壊は考えずに全力でいってます。

黄金の煌毛がいるとかで破滅の申し子にもいってみました。ずっと怒りっぱなしの金色状態。そういえば猫が言ってたなぁ、怒ってる時にさらに怒ったらどうなるのか、とか。

黒子の面隠真のスキルに笛のポイントがついてるので、これを使って笛装備を考えてみようかと思ってます。とてもあやしいです。

そういやG級ラオにもいってみました。武器はヘビーのヴァイオレーター。貫通弾で弱点狙い。しかし撃退。orz

スコープのクロスゲージが定まらないわ。きっとあまり弱点には当たってないのでしょう。大ダウンしたのも砦の前だったし。貫通lv3が反動なしになってるのでいい感じだったんですけどね。この感じだときっと火事場がいるなぁと思います。

でも黒子真や金色真は火事場がなくなってるのね。まあガンナーでラオ相手なら上位装備でもなんとかなるかもしれませんが。

もしかしたら弓がいいのかも。ブラックボウGは攻撃力もなかなかで龍属性もちょびっとあるし、貫通主体だし。まあ弓はP2Gではまだ使ったことないですが。

また色々考えないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

崩竜ウカムー

ためしてガッテン!初登場の人は、たまにガッテンボタンは二回押さなきゃいけないことを知らない人がいる。すぴです。

ウカムルバスにいってきました。

顎がスコップになってます。スコップで雪かきもします。けっこうなメタボ体型なので、腹の下にもぐると自分の位置が把握できなくなります。もしかしたらアカムーより腹が出てるかも。アカムーの記憶はもうずいぶん前なので定かではありませんが。

Mh2im_147

顎にスコップがついてるせいででかく見えますが、もしかしたら意外と小顔かもしれません。

武器は熔解銃槍ヴォルガノス。なんとか最終強化までこぎつけました。

防具はザザミZとラヴァXの組み合わせでスキルは砲術王、高速砥石、根性です。武器スロ1使ってます。

前回の戦いでやはりかなり回復が足りなかったので、今度は栄養剤Gとマンドラの秘薬セットに加え、活力剤&ケルピの角のいにしえセット、狂走こんがりの強走Gセットまで持ち込みました。

攻略サイトを見るとガンスなら腹を突いてればいい様なことが書いてあったので、その通りにしました。アカムーの時は後ろ足を主に攻撃しましたが、ちょっと違うのね。吠えた時や転倒した時に竜激砲を混ぜつつ、突き突き砲撃な感じです。

腹下にもぐりこんでいると自分の位置が見えないせいで、知らないうちにダメージをもらってることが多々あります。ガンスは動きも遅いのでいざという時逃げられなかったり。

根性スキルは一回発動したかな。でもいきなり大ダメージを食らうことはあまりなくて、踏まれたりなんだりでじわじわと削られていくのが主です。途中雪だるまにされて一死しました。体力は多目で維持した方がよさそうです。

秘薬セットは使い切り、いにしえセットはけっこう残りました。

今回は武器も強くなってまして、前回よりはかなり楽な戦いだったと思います。攻撃力も70ぐらいアップしてるし、前は緑ゲージメインでしたが、今回は白青ゲージメインだし。20分ぐらいで尻尾が切れ、30分過ぎに討伐成功しました。尻尾って特に意識して攻撃しなくても突然切れちゃう感じです。

一番やりづらいのはやっぱりステージでしょうか。真ん中に氷の割れ目があってキャラの移動を阻んでくれます。まあ火山の溶岩みたいなものですが。ウカムーがしばしばここにまたがって位置どるので困るわ。はじめは広いところにいても尻尾振ってるうちにぐるぐる回ったりね。

まあラスボスも倒してこれで一区切りといったところでしょうか。報酬でぽろっと崩天玉なるものが。今のところ使い道ありませんが。

一区切りといってもエンドレスなモンハンのこと、むしろこれからが本番な感じです。ゆっくり趣味装備でも集めていきましょう。

ボスを倒すと既存の防具がさらにレベルアップできるようになりまして。防御力が上がればしんどいGクエもきっと楽になるでしょう。

が、特筆すべきはそんなことではなく、ノーマル防具のレベルアップ幅が大きいということ。ためしにやってみたらノーマルコンガがレベル40で防御100まであがりました。

当然XZの方が数字的には優秀でしょうが、100まで上がるならG級防具と遜色ないといえるでしょう。

おかげで作りっぱなしで放置してた男キャラにもやる気が出てきましたよ。ノーマルゲリョスやハイメタだって十分使えるわけですから。

でもこれまでの長い道のりを振り返るとやっぱり萎えるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

壁いろいろ

G級装備のXZシリーズはS装備で色を変えられた部分が、RGBで好きな色に調色できるようになってます。早速ザザミブルマーを肌色にしてみました。

結果、イマイチ。orz

ナルクルの天鱗はユスコのアドバイスにより、落し物リタマラでゲットしました。早速ナルクルの頭装備を作ってみました。でもまだそれにあわせるコンガZが作れません。

G級ともなるとやはりことあるごとに壁にぶち当たります。対応するのが精一杯で、趣味装備に走るのは後回しになってしまいます。

最初の壁はヴォルガノス。フロンティアよりやさしくなったとの噂ですが、十分強敵です。でも動きなんかは思ってたよりかわいい感じです。怒った時にきょろきょろしたり、正面から見るとどーも君に似てたり。

ガノトトスのタックルや尻尾に削りがなくなって弱体化してたと思ってましたが、ヴォルガノスにはしっかり残ってました。鬼削りと飛び散る溶岩がかなりの曲者。もともとガード性能なしでは魚竜に行かなかったわし。勇者回避なんてできるはずもなく。

で、ヴォルガノス用に専用装備作成。頭と足がザザミZ、胴と腰がゲリョZ、腕がハイメタSでガード性能+1&砲術王。ガンスメインに使ってるのでどっかで砲術王は使いたいね。

ちなみにガード+1ではまだタックルで削られるので、戦法は正面に陣取ってブレスをガード、その隙に頭をちくちく作戦です。武器も海滅槍アビスまで最終強化。

これのおかげでヴォルガノス2匹も30分強で狩れるようになりました。安全地帯から弓でびしばしの方が断然早いらしいですが。ちなみに1匹クエと2匹クエでは討伐時間がそう変わらないというのはポータブル仕様ですな。

Mh2im_146

次の壁はドド。ヘルスティンガーの強化に牙がいるし。砂ドドの方は適当にやってるうちになんとかなったのですが、白ドドはやたら子分を呼ぶし、ガンスでは牙を狙うのがとても難しい。上位まではイフマロでなんとかしましたが、さすがにG級は厳しいか。

で、火属性のヴォルガノス太刀作成。素材的にカブレライトソードからの強化が楽だったので、お金は余分にかかりましたがそっちで作成。鉱石貯金と虫貯金を下ろしました。

これで必要なドド牙を集めました。

その後、ラヴァX装備がごっつくて気に入ったのでヴォルガノス連戦。作ったのは胴と腰だけですが。スロットの数が多かったので、先のガード性能砲術王装備のゲリョZと入れ替えました。腕もスロットの多いザザミZに入れ替え、おまけで根性というスキルがつきました。

この根性というスキルがなかなかイカしてまして。大ダメージを受けた時にヒットポイント1で生き残るというもの。これがヤマツカミ戦で本領を発揮。何度吸い込まれても生き残りました。^^

即死級の攻撃を持ってるやつにはかなり使えますな。

その後も色々ありましたが、ようやくラスボスの顔を見るまできました。火属性のヴォルガノスガンスでいってみましたが、40分ぐらいかかって尻尾を切るまではいったものの、3死失敗。

友人は30分ぐらいで倒したらしいので、どうやら時間がかかりすぎてる様子。これはガンスを最終まで強化した方がよさそうです。

ちなみに最終強化の素材に黒グラの天殻がいります。天殻とか天鱗とかいい加減にして欲しいですよ。

で、黒グラを倒すにはガード強化スキルが必要、スキルのためには装飾品が必要、装飾品のために下位黒グラの甲殻が必要、とか、ちょっとしたRPG状態でした。

幸い黒グラの天殻は双璧2回ぐらいやったら出てくれましたが。剥ぎ取りでしたけど。双璧はG時代と違って移動と合流があるのね。コツをつかむのにちょっとかかったわ。

まあこれで装備は整ったので、これからウカムーにいってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

G級装備

いくらなんでも緑コンガ屁コキ過ぎだろ。これ考えたやつちょっと出てこいって感じですよ。

Mh2im_145

無事にG級に上がりまして、漏れなくぼっこんぼっこんにされております。一死二死は当たり前だし、秘薬いにしえが消耗品と化しております。ハチミツやアオキノコは農場だけでは足りず、たまに採取にいかねばならない始末。

さすがG級モンスターは一撃で五割以上の体力を奪う攻撃を持っており、上位装備ではかなり厳しいです。アカムーを倒した装備に守りの爪を足せば防御は370ほどになるのですが、これでもぎったんぎったんにされます。

なのでお気に入りのコンガUを捨て、デスギアSにチェンジ。腰装備もナルガSに。スキルは珠とかつっこんで心眼と高速砥石。これで防御は440ほどになりました。

ナルガの腰装備はいいですな。デスギアの半ケツを邪魔しない大きさがよいです。とても気に入りました。ぜひG級ナルガからも作りたいです。

が、この装備でなんとかなったのはせいぜいG☆1まで。G☆2緊急ナルガにぼこぼこにされ、これまで集めたG級素材で装備を作ることに。

で、頭がザザミX、胴腕がコンガX、腰がガノX。足はデスギアSのままで爪護符込みで防御が500に乗っかりました。スキルは高速砥石と捕獲の見極め。

今まで死んでいた場面でギリで生き残れるようになりました。緊急ナルガもこれでクリアでき、G☆2はなんとかなりそうです。

さて、G級の防具ですが、今までのSUがXZにグレードアップ。G級最初の緊急ヒプノックで素材が出たので武具屋を覗くと、SとXでデザインが変わっておりました。

これはもしやG級装備は新デザインということか。もしそうなら男のゲリョス装備はどうなるのか。ドス新デザインは撫で肩でイマイチでしたからね。これは確認せねばなりますまい。

ということで男キャラを作成。まあ作っただけで放置してますが。

しかし、女キャラを進めて素材を集めていくと、既存の装備は別にデザインの変更はないことが判明。XはまんまS。ZはSのデザインで色違いです。Zは亜種モンスターに合わせているのでUとは色が違います。

コンガはちょっと鮮やかな緑だし、ザザミZは紫です。

この段階で男キャラをやる意欲はなくなってしまいました。ノーマルゲリョスのデザインがいいのに、亜種のZですらS系デザインにされてしまってるし。もう一つ好きなデブ装備のハイメタはそもそもXZがないとかね。

多くの人にはどうってことないんでしょうが、わし一人ピンポイントに嫌がらせを受けた感じです。しかもゲリョスX一式をそろえた時に発動するスキルが剥ぎ取り名人とか。生肉ケルピの角集め装備に格下げですよ。

剥ぎ取りは便利なのでみんな作るんでしょうけどね。わしも作りますが。なんか釈然としませんわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

覇龍アカムー

そのうちカテゴリーをモンハンに統一したいな。すぴです。

キークエと欲しい素材がだいたい重なっているので、わりと順調に進んでおります。

集会所上位はティガ二匹が大きな壁でした。開始4分で必ず合流という鬼仕様。攻撃力も高いので最初の五分が生き残れないという始末。ドスで雪山大家族ソロは何度も挑戦したことがあるので、合流を引き離すのはなんとかなるのですが、なんとかしのいでいても回復薬が足りなくなったり死んだりで結局リタイアな感じ。

クリアするために足りないものはなにかと考えた末、やはり回復薬が足りないという結論。腕が足りないのは一朝一夕にはどうにもならないし。

なので栄養剤グレートとマンドラゴラ持ち込みで秘薬現地調合作戦です。

おかげでなんとか最後まで戦い続けられ、一匹捕獲、もう一匹を討伐でクリアしました。

両方捕獲のつもりでしたが、二匹目が足を引きずって逃げるところをつんつんしてたら尻尾が切れ、さらにつんつんしたら転倒し、竜激砲射ったらお亡くなりになりました。ティガの尻尾を切ったのもこの時が初めてです。

ちなみに武器はフルフルのガンス。防御は守りの護符込みで315ぐらいだったかな。スキルは高速砥石オートガードでした。

その後順調にキークエをこなし、緊急シェンガオレンは砦だったので、撃退するだけならさほど問題もなく。

そしていよいよアカムーへ。まずは様子見でちょろっとご対面。

Mh2im_144

顔がでかいです。尻尾もムカデみたいでキモいです。

他の人のブログで色々噂は聞いてたので、腹下辺りでつんつんしてました。わりと手数も出せるし、なんかいい感じです。でかいので自分の位置が分かりにくかったり、攻撃モーションがよくわからなかったりしますけど。時々お供に突進していくので巻き込まれたりしました。

このときはリタで帰ってきましたけど。さすがに大物なのでそれなりの準備をしたいと思います。

攻略系のホームページでシルバールークでいけるようなことをかいてたので、強化のとまっていた近衛隊正式銃槍をシルバールークに強化。ガンチャリにするには火竜の骨髄10個とか紅玉とかいるのでちょっと目処が立ちませんよ。

防具も見直し、腕をハイメタS、頭をザザミSにしてスキルは高速砥石と武器スロまで使って砲術王。防御も340をちょい超えました。

アイテムもティガの時の秘薬セットに加え、回復薬とハチミツも持ち込むことにしました。体力勝負の構えです。

そしていよいよ戦闘開始。といっても後ろ足近辺で突きまくってただけです。右後ろ足の方が安全なようです。左後ろ足だとブーンと尻尾を振り回してくるので、ガードすると削られるし。咆哮ガードした時とか、足怯みでダウンした時なんかに竜激砲使ってました。普通の砲撃もバンバン使いましたけど。

そんなこんなで、40分の激闘の末討伐成功しました。10分前のコールの後すぐだったと思います。

部位破壊とか一切ありませんよ。尻尾も切れるという話ですが、そんな余裕はナッシング。

これでめでたくG級へ。

と思ったらG級緊急ヒプノックがあるのね。シェン蟹、アカムー、ヒプノックって、緊急3連発はちょっとしんどいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

ナルクル

クエストも上位に入り、モンスターの攻撃力もドカンと来ましたね。集会所はそうでもないですが、村だと上位から惜しげもなく新技を披露してくれます。中でもゲリョスのパワーアップには涙目です。

とりあえずキークエだけこなして、P2Gからご登場の新モンスター、ナルガクルガにも出会いました。

なかなか尋常じゃない戦いっぷりにぼこぼこにされましたよ。なんといっても動きが早い。一撃もでかいし、回復薬はがんがん減るし、回復してる暇もないし。ガードするとスタミナなくなるし。

最初に戦った時はキャンプを往復しながらがんばったのですが、結局3死失敗でした。最後は秘薬もなくて体力100で、普段ならリタするとこですが、かなり長く戦ってたのであと少しではないかと思って続けてみました。ダメだったんですけどね。

その後しばらく集会所上位を進めておりましたが、そろそろということでリベンジ。

まずは作戦から。

相手をよく見る、ってとこですかね。

ナルクルは攻撃前に構えがあるので、多分それを見極めればなんとかなるのではないかと思います。右構えか左構えか見るだけでも参考になるかな。あと、尻尾びったーん攻撃はガードするとスタミナが一気になくなります。食らったら大ダメージだし。

というわけで、戦々恐々と出撃しましたが、意外とあっさりな感じで討伐できました。

最初に出会った時の方がよっぽどがんばった戦いだったと思うんですけどね。弱ったそぶりもなくて突然死んでしまった感じです。

武器は火属性ナナロア、装備はコンガUとデスギアSの半ケツヘソ出し装備。防御は300ちょいかな。スキルは高速砥石オートガード。前回と基本的には変わってないはず。

Mh2im_143

懐にもぐりこんで突き突きしてると比較的安全なようです。尻尾を横に振る攻撃でもちょっと足に踏まれる程度ですむし。尻尾びったーんは危険ですが。

中距離近辺が危険かな。尻尾を振り回す攻撃にじりじり削られてガードしたまま動けなくなってしまいます。連続攻撃みたいなのはあんまりないですが、いつ動き出すか分からないのがかえって怖いかな。

素材が手に入ったので新しい武器がラインナップに載りました。どいつもこいつも会心50%てのがすごいですね。中でも太刀がかっこいいと思います。無属性だけど。そのうち作ってみたいなぁ。

その後旧密林のナルクルにもいってみたのですが、こっちは相手の姿がほとんど見えなくて辛いです。あっさり返り討ちにされました。

G時代の密林レイアも見づらくて強敵でしたが、ナルクルは小さめなのでさらに見えにくいです。

こっちはまたそのうち出直しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

ティガの牙

武器は主に笛とガンスを使ってます。最近はほとんどガンス。龍属性以外はそろってるのでモンスターに合わせて使い分けてます。笛は火属性がない。

ヘルスティングの強化にティガの牙が5本必要といわれて困ってましたが、一回ティガを倒したら報酬でごろっと8本ぐらい出ましたよ。

その時は雷属性武器がフルフル笛しかなかったので、がんばって笛でいってきました。雷属性と頭への攻撃がけっこう効いてた感じです。とはいえ回復薬大量投入の体力勝負でしたが。ちらっと足を引きずるところが見えたので、巣に帰って寝てるところを捕獲しました。

あと苦労したのはナナハウル。当然ナナ素材がいるわけですが、ドス時代にもガンスで古龍経験はないし。笛じゃ尻尾は切れないし。笛で古龍経験もないけど。

ヘルスティングとマリンフィッシャーでいってみましたが、二回とも撃退どまり。とどめもさせません。ダウンも奪えないので熱ダメージもかさむし、角も折れないし。根性で翼だけは壊しましたけどね。

さすがにこれはきついので、エンシェントプレートを作成。マイナス会心ですが龍属性つきだし、大剣なら頭も狙いやすいし。尻尾も狙いやすいですわ。

前の二回でそこそこダメージを与えていたので、まあさほど苦労もなく討伐できました。

それからさらに二匹ほどナナを討伐。古龍は25分で逃げていくので、さすがのエンシェントでも一回で討伐は無理でした。あと根性曲がり突進が妙なモーションになっていて見極めしづらかったです。怒り時はブレス距離が伸びたり、尻尾ばしんばしんが爆発したり、ちょっとした変化が新鮮でした。

合計三回尻尾を切って3連続古龍骨には泣きましたけど。;-;

最後に報酬で一本出ました。

これでナナハウル完成。強化にテオの尻尾2本。orz

それからまたテオ連戦。幸い順調に尻尾から尻尾を剥ぎ取れましたけど。

テオの方はさほど変化はなかったように思います。怒り時のブレス距離は伸びてましたけど。起き上がりにこれを重ねられるとガードのない武器は死亡フラグですな。太刀とか厳しそうです。

全体的に親切設計というか、色々改良されてる感じがいいですね。レウスもあんまり逃げないし、トトスも水から上がってこないなんてことがないように思います。部位破壊限定報酬も少なそうだわ。ドドの尻尾も普通に報酬で出たし。

一人用ゲームということでモンスターの体力もぬるめなのがストレスなくていいです。体力はぬるめですが、上位に上がると攻撃力は立派に上位でしたけどね。

それにしてもクエストの数が多いね。まだまだ先は長いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »