« 一人玉リタなど | トップページ | 紅竜つれづれ »

2005年10月29日 (土)

紅竜いってきました

昨日から始まりました。紅竜イベント。

早速一日こればっかりやってました。

KAGEさんとこの10/20~25の記事で攻略など書かれていたので参考にさせていただきました。

まずは2ndでオンします。この日のためにタツジンボウガンを作り、拡散追加スキルのためにグラビSレジストまで作りましたよ。

で、適当なイベント街に入ると、双剣担当の人が、剣士一人じゃ目を壊すの大変だからもう一人お願い、などと言ってきました。他のお二人が渋ってたし、一応この日のために超絶一門も持ってましたからわしがやることに。(´д`;

一回目は失敗したましたが、その後2、3回は討伐成功。猫パンチでたたき殺されたりしつつ魔眼を一個ゲットです。

初紅竜は幸先いいスタートといえるでしょうか。^▽^

それからフレのところに移動しました。紅竜経験値はわしとほぼ同じです。何回かやったけどいまだに討伐成功してないとか。それともう一人、ほんとに紅竜初のフレと野良の人をくわえてレッツGO!

ていうかここでもわし剣士なのね。(´д`;

数回やりましたが一度も討伐ならず。なにしろ今回初紅竜な人が三人もいますからね。しかも一人は黒竜も未経験なので、あの動きはかなり独特に映ったことでしょう。わしも初めて黒竜いったときはどうしていいかわかりませんでした。

飯食って今度は1stでオン。こっちはミラバル装備とかには興味なく、黒滅とディスティの素材があればそれでいいです。なのでさくっと素材を集めて2ndに切り替えたいところ。

フレを見つけましたが街がいっぱいで移動もままならない状況。適当な街に入って今度はガンナーで参戦。

が、これが難しい。とにかくメテオがやばいです。納銃ダッシュしようとしたら納モーション中に地面が光ったり、側面なので安全かと思って回復飲んでたら地面が光ったり。全体的にガンナーの死亡率が高いようで、3人のガンナーが一回ずつ死んでクエ失敗したりなんてことが多々ありました。(つд;

成功率は5割ぐらいかな。なかなかの消耗戦です。

その後またフレと合流。ガンナーで街に入ったのですが全員ガンナーになってしまいました。ちょっとメールしててチャット見てない間にガンナーで目を破壊できないかと相談していた模様。なのでまた剣士をかってでます。ある意味最初に剣士をやらせてもらった経験が生きてますね。あの時誘っていただいた方に感謝です。^▽^ノ

が、やはりガンナーの死亡率が高く、討伐成功率ははたして5割いってたでしょうか。

剣士は麻痺待ちなので、その間ぼけっと逃げ回ってるだけですからそんなに死なないですね。麻痺時に切れ味を維持しておくために援護もできません。メテオに右往左往しているガンナーをひやひやしながら見守ります。

ガンナーはけっこう大変なんですよね。反動の大きい弾を使うし、リロードも早くはなく、調合もしなきゃいけない。離れすぎると射程外だし、ちょうどメテオの距離で戦わなくてはなりません。麻痺のタイミングも気をつけなきゃいけないしね。

といっても溶岩の上や頭が崖にめり込む位置で麻痺したりというのが多々ありましたが。

いい位置で麻痺が決まれば2回か3回で目を壊せるようになりました。けっこう練習にはなりました。

ちょっと離れた位置から紅竜に麻痺弾の着弾エフェクトが出るのを見守ります。5、6発みえたあたりで強走薬をゴクリ、鬼人化して紅竜に近づいて待機です。麻痺したら顔のなるべく前の方に乱舞。でないと眼が壊れません。頭がうにうに動いてやりにくいですが、まあとにかく乱舞ですよ。

それから隙を見て砥石を使い、また麻痺を待ちます。麻痺弾のエフェクト見てるとなんとなくわかるかな。

眼を壊した後はガンナーに知らせて、拡散オンリーに切り替えてもらいます。こちらは適当に尻尾の付け根辺りを攻撃。振り向きモーションが終わったあとか、メテオ中辺りが安全でしょうか。

ちなみに昨日の最後の戦いは麻痺タイミングが最悪で、とうとう眼が壊れませんでした。溶岩の上でこっちに尻尾向けてたり、ギリギリで頭が壁にめり込んでたり、赤かったり。目を壊すのを最優先に麻痺待ちしてたのですが、ついに麻痺弾が切れた模様。いつの間にか拡散ばっかりに切り替わってました。もう少し早く気づいてればこちらも攻撃に切り替えてたのですが。

気づいてからわしも攻撃参加したものの、時間は20分を過ぎ、次々とガンナーが弾切れを起こします。わしもクーラー強走薬を全部使い切りました。そろそろ30分という辺り、もはや攻撃できるのはわしだけです。

それでもあまり無理はせず、安全な時を見計らってちまちま乱舞。なんとか討伐成功しました。

ガンナー3人だと麻痺拡散射ち切ってもダメージ足りないのか、あるいは当たり所が悪かったのか。

まあ厳しい戦いでしたね。

この連戦で紅胸郭一個ゲットです。

1stは別に胸郭いらないんだけどな。^^;

|

« 一人玉リタなど | トップページ | 紅竜つれづれ »

コメント

ご紹介いただきありがとうございます。
そして討伐おめでとでっす。

初めての方の為に、外郭を大まかに書いたつもりなので
慣れてきたら、すぴさんの様に
ご自分のスタイルを作るほうが面白いですね。

時間については、ガンナの拡散の当て方がカナリ左右するようです。
それと破壊完了後は、剣士がとにかく切りまくることで
13分前後での討伐がパターン化しやすいかと。

1週間のうちにご一緒できたらいいなぁと思っております。
んでは長文失礼しました。

投稿: KAGE | 2005年10月29日 (土) 20時21分

紅龍は確かにガンナーの命中率によって時間はかなり変わりますね。
拡散は距離と肉質は関係ないので遠くても撃つ方がいますが
私は50発すべて当てる様にタイミングを計って撃っています。
着弾ポイントが違うだけでヒット数が違ってきますしね。

投稿: Jeanne | 2005年10月29日 (土) 20時52分

>KAGEさん

私も今回初めてですが、おかげさまで助かっております。
他にもよく初めての方とお会いするので、
知ったかぶりしてレクチャーしたりしてます^^;
慣れた人でも集まる人によって個性があるようで、
まあPTに合わせてそれなりにやってます。^^
今のところは15分過ぎるのが一般的かなぁ。

>Jeanneさん

拡散はけっこう弾速が遅くて、
翼を狙ってもあたる直前に怯みが発生したりして外すこと多いです。
やや放物線な弾道もあって遠いと当たりにくいですね。
ここ数日の連戦でだいぶ爪のストックがなくなってきましたが、
今日買い足すべきかどうか。--;
まだ半分あるしなあ。

投稿: すぴ | 2005年10月30日 (日) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122564/6728248

この記事へのトラックバック一覧です: 紅竜いってきました:

« 一人玉リタなど | トップページ | 紅竜つれづれ »